Paul Cochrane 《ポール・コクレイン》 Timmy Overdrive LTD Red Wheel

選ぶなら Paul Cochrane 《ポール・コクレイン》 Timmy Overdrive LTD Red Wheel-エフェクター






イケベだけの限定カラー!

トランスペアレント系オーバードライブの代表機種として他の追随を許さない大人気キラー・ペダルTimmy Overdriveにホットでキャッチーな限定カラー「Red Wheel」が登場!
この限定カラーを手に入れられるのはイケベだけです!!

ワイドレンジでナチュラルなサウンドはアンプやギターのキャラクターに余計な色付けをする事無く、ブーストしたり歪みを加える事が出来ます。

真空管アンプだけではなく、スタジオの定番アンプJC(ジャズコ)などソリッド・ステート・アンプでの使用も好評です。


Timmy Overdriveは、ギターアンプが本来持っているトーンをスポイルすることなくブースト、オーバードライブするペダルです。コントロールはVolume, Gain, Treble, BassにモードセレクターSWひとつと非常にシンプルですが、その中身は従来の考え方とはまったく異なったものになっています。

TrebleとBassは一般のペダルやアンプのそれとは反対に働くカット・スタイルのコントロールになっています。それぞれゼロの位置がフラットな状態で時計まわりにまわしていくとカット・フィルターがかかっていきます。

【モードセレクターSWについて】
このスイッチによってクリッピング回路の選択ができ、歪みおよびコンプレッションのかかり具合を選択できます。
*UP:非対称セッティング
*MID:最小のコンプレッションがかかった対称セッティング
*DOWN:深くコンプレッションのかかった対称セッティング

【Trebleコントロールについて】
ほとんどのペダルは歪み回路で生じるノイジーな音を消すために高音をオフするプリセット回路を入れています。しかしこれはクリーン/クランチ・セッティング時に本来必要な高音域を同時に消し去ってしまいます。
Timmyでは、Trebleコントロールを歪み回路の後段に設置し、Gainを上げるにしたがってTrebleをあげる(カットする)ことでGainに連動したナチュラルな高音域の変化を実現しています。

【Bassコントロールについて】
ほとんどのペダルは歪みによって低音域がこもってしまうことを避けるために、歪み回路の前段階で意図的に低音域をカットしています。しかしこれは本来あるべき低音域がスポイルされていることを意味します。
Timmyは歪み回路の前段階にカット・スタイルのBassコントロールを設置することでGainに連動したナチュラルな低音域の変化を実現しています。

このプリ&ポストEQコントロールは同時に、本来のアンプトーンには存在しない不必要な中音域も自然にコントロールします。

そのサウンドの違いは、是非良質なチューブアンプとセッティングし、大音量で体感してみてください。このまったく新しいブースト・オーバードライブ・ペダルのサウンドと操作性に納得していただけるはずです。

■トゥルーバイパス仕様
■9VバッテリーもしくはDC 9VACアダプター・センターマイナス仕様で駆動(それぞれ別売)

【商品取扱い店舗】
・アンプステーション(03-5459-6550)

正規サービスプロバイダ

Apple正規サービスプロバイダーのクイックガレージでは、Apple製品を安心してご利用頂けるよう、専任のスタッフと、Apple純正部品による修理で、お客さまに信頼と安心のサポートをご提供いたします。

TOP